鬼怒無月、壺井彰久、ライブ

ERA Live/鬼怒無月(ギター),壺井彰久(ヴァイオリン)

ERA (イーラ)

様々な音楽的引出しと確かな演奏テクニックで、たった二人の演奏とは思えない、壮大で美しく、アグレッシヴな演奏を繰り広げ、即興を織り交ぜたライヴ パフォーマンスにも定評がある。今年結成12年目を迎える。2010年発表の4作目『忘れられた舟』はその豊穣かつ繊細な音色とアンサンブル が各方面で高い評価を受け、国内プログレシヴ・ロックの作品では異例の販売数 を記録し現在も記録更新中。

鬼怒無月プロフィール

’64年神奈川県出身。高校時代より音楽活動を始める。
’90年に自己のグループ、ボンデージフルーツを結成、’94年にバイオリン奏者勝井祐二と共に発足したレーベル「まぼろしの世界」より現在までに最新作の「Bondagefruit6」(’05年2月発売)を含む6枚のアルバムを発表。ボンデージフルーツは’98年”ScandinavianProgressive Rock Festival”、’99年にはサンフランシスコの”Prog Fest ’99″に招かれるなど海外での評価も高い。ボンデージフルーツと平行してEWEより2枚のアルバムをリリースしているチェンバーロックバン ド「Warehouse」、ギターインスツルメンタルの極を追求する「Coil」、勝井祐二とのデュオ「Pere-Furu」、壷井彰久(vn)との「ERA」、吉田達也(ds)の「是巨人」、カルメンマキ(vo)の「サラマンドラ」、更に灰野敬ニ(vo,g etc.)、常味裕司(oud)とのコラボレーション、ギターソロ等 日々自己のギタースタイルを進化させ続ける異才ギタリスト。

壺井彰久プロフィール

ロックからケルト、アラブ音楽までをその驚異的なテクニックと美しいトーンで「奏破」するヴァイオリニスト。自己のバンド「KBB」を率い4枚のアルバムを制作。2004年メキシコで開催されたイベント「BajaProg2004」、2006年アメリカでの「NEARfest2006」、2008年フランスでの「ProgSud2008」2009年ポルトガルでの「Gouveia Art Rock2009」に出演し絶大な反響を呼び成功を収めた。KBBの活動と平行して数々のグループにも参加、またセッションミュージシャンとしても、フランスの伝説的ジャズロックバンド「ZAO」の日本公演にゲストプ
レイヤーとして参加するなどその活動を海外へと広げようとしている。アコースティックは勿論、エレクトリックヴァイオリン奏者としても高い評価を受ける。ホームページ: http://tsuboy.internet.ne.jp/

開催概要

開催日 2014年11月8日(土)
開場 18:00
開演 18:30
料金 前売 3,500円 drink付
当日 4,000円
※チケットは送付いたします

お問い合せはこちらから





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの確認

お問い合せの内容をご確認のうえ、よろしければチェックして頂き、送信ボタンをクリックしてください。

コメントする