新型コロナウイルス感染予防対策について詳しくはこちら

石山貴美子 写真展~私が出会った素敵な作家たち~

石山貴美子写真展2017

1970年代雑誌「面白半分」より

2017年7月12日(水)~7月25日(火)

Kimiko Ishiyama statement

1968年春、 横浜・日吉にある東京綜合写真専門学校を卒業した。
学生運動が激しい時代の波の中、 卒業式はなかったが、 卒業証書だけはもらいに行った。
その卒業証書を、写真の道に進むことを強行に反対した田舎の両親に送った。
学校卒業後、 進路を決めかねていた私を、 出版社を興していた同郷の先輩、佐藤嘉尚さんがひろってくれた。
出版社の名前は株式会社面白半分、著名な作家が半年交代で、 編集長を務めるという今や伝説となった 「面白半分」 編集部だった。
出版界が元気で、一番華やかな時代だった。
素敵な作家が沢山いて、 とても自由に活躍していた。

1984年秋、 日刊ゲンダイ掲載の五木寛之氏のコラム「流されゆく日々」にカットを!との依頼が突然舞い込んだ。
脳裏を不安も少しかすめたが、それ以上にとても嬉しかった
。風に吹かれているような, さわやかな写真を撮ろうと決めた。

写真で自分を表現しよう、写真を生涯の職業にしようと志して、早や五十年になろうとしている。
「面白半分」を辞めて以来、フリーランスとしてどうにかこうにか生きてこれたこと、その幸運に感謝している。
自分のささやかな努力よりも、友人、知人の励ましや後押しが大きかったと。
今、自分の仕事人生を振り返り、未来に伝えるべき写真について考えている。   石山貴美子 2017
よかったらシェアしてね!